沖縄百科事典  ›  自然  ›  陸の植物  ›  樹木  ›  コガネノウゼン

コガネノウゼン

更新日 2012.09.22

5〜6個の花が1カ所からまとまって咲きます。(那覇市首里金城町で撮影)

別名 キバナイペー
南米原産。ノウゼンカズラ科の落葉性の中木。ノウゼンカズラ科タベブイア属を総称を「イペー」(ブラジル名)と呼ぶそうでうが、沖縄で「イペー」と言ったらこの花をさす場合が多いです。春先、葉のない枝に直径5㎝ほどの鮮やかな黄色の花を多数咲かせる人気の花木です。花弁がちりめん状にシワになっているのが特徴です。

写真


画像514

庭先のコガネノウゼン。(那覇市首里金城町で撮影)


2014年11月
01日 土曜日 仏滅   
旧暦 9月9日
 

類似記事の写真